【カンボジア旅紀行5】キリロムの秘境が超絶景!おとぎの国のようでした!

【カンボジア旅紀行5】現地の人が楽しむキリロムの秘境が絶景!
おとぎの国のようでした!

2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。

その寄稿文を写真とともにまとめていきたいと思います。

第1回はカンボジアの子ども達 でした。

第2回はカンボジア伝統の森 飯田小学校 でした。

第3回はIKTT 伝統の森 クメール絹絣 森本喜久男さん  でした。

第4回は「日本人が作ったキリロム国立公園にある工科大学と秘境リゾート」です。

第5回は、「キリロムの秘境がおとぎの国のようだった!」です。

前回も書きましたが、カンボジアがこんなに居心地の良い国とは思いませんでした!

IMG_7953

 

2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。
今回のツアーは龍馬プロジェクト全国会会長の神谷宗幣さんの企画したツアーです。
(詳細は巻末に)

訪問先は vKirirom Pine Resort

カンボジアの首都 プノンペンから2時間少し離れたところです。

猪塚さんのキリロムパインリゾートから帰る途中に軽く寄ったところが絶景でした。

IMG_7906

まるで、映画のセットのようです!

インディージョーンズかランボーか?

 

IMG_7894

現地の人からは「キリロム第一の滝」と言われているそうです。

キリロムパインリゾートからすぐです。

リゾートのガイドの渡邉大貴さんにお願いしたら連れて行ってくれます!

IMG_7897

見方によっては、京都の川床!

 

IMG_7939

川の流れがとても良い感じ!

 

IMG_7938

訪問した日は、平日でほとんど人はいませんでした。

土日になると現地の人がBBQを楽しみにみんな集まるそうです。土日は、みんな好き勝手に大音量で音楽を流して騒がしいそうです。

 

IMG_7914

当日は人もまばらで、川の流れが本当に心地よく、すごく贅沢な気分になりました。

 

IMG_7925

作りは完全にシンプル 素朴感がたまりません!

IMG_7909

本当に時間がゆっくりすぎていて、何もかも忘れることが出来そうです!

IMG_7941

また、ちょっと黄色い川底が日本にない感覚を強めてくれます。

 

IMG_7955

こんなコテージが300メートルほど連なっています。

IMG_7965

はしごを降りればすぐに川で遊べます!

ガイドの渡邉さんに寄れば、だいたい半日5ドルから10ドルで一棟借りられるそうです。

食材は持ち込みで、わいわいするそうです。

IMG_7967

部屋の中には、ハンモックがあり、ゆっくりくつろぐことが出来ます!

IMG_7937IMG_7940IMG_7928IMG_7916

豊かな水!

川遊びをする子ども達、大人もしっかり遊んでます。

遊びたくなります!わくわくします!

 

IMG_7912


キリロムパインリゾートから訪問可能です。

平日の静かな日に、ゆっくり過ごしたら、贅沢な時間が過ごせると思います!

再度 キリロム情報添付します!

vKirirom Pine Resort オフィシャルサイト
ホーム
猪塚氏が経営するA2A社 オフィシャルサイト

A2A Town Cambodia

 

 

 

 

vKirirom Pine Resortのfacebookページ

すでに62万人以上が「いいね」している。評価も4点以上だ!
https://www.facebook.com/vkirirom/

 


カンボジアの旅 続く!

 

 

神谷宗幣さんについて
神谷宗幣(かみやソウヘイ)の公式サイト
神谷宗幣さんのカンボジアツアーのブログ

GSカンボジア研修 その1

http://s.ameblo.jp/jinkamiya/entry-12184585854.html

GSカンボジア研修 その2

http://s.ameblo.jp/jinkamiya/entry-12184838689.html

GSカンボジア研修 その3

http://s.ameblo.jp/jinkamiya/entry-12185215896.html

GSカンボジア研修 その4

http://s.ameblo.jp/jinkamiya/entry-12185588910.html

GSカンボジア研修 その5

http://s.ameblo.jp/jinkamiya/entry-12185640305.html

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

ご意見、リスエスとぜひお気軽にお寄せください。

参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。謝謝。

 

FUJI3 拝

Fuji3(富吉 桑)
  • Fuji3(富吉 桑)
  • 株式会社アジア市場開発代表。台湾歴35年。著書に『中国ビジネスは台湾人と共に行け』(小学館 2003年)『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(産経新聞出版2020年)。「台湾から日本をより良くする 原点回帰」がモットー。 
               
    詳しい執筆者のプロフィールはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です