【取材後記】台湾の募金制度が秀逸で超すごい!
「愛や願いを形に出来る仕組み」台湾公益勧募条例

「親日国台湾で働くと言うこと」第5回

               COURIER JAPON@講談社

第1回:311で台湾が日本にしてくれたことが圧倒的すぎる!

第2回:台湾の仕事観と働き方

第3回:台湾で働く日本人の実情

第4回:台湾で転職をした若者達

https://courrier.jp/

 

2016年8月18日に講談社のWebマガジン クーリエ・ジャパンに記事が掲載されました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

第5回の主な内容

・311の募金がスムーズに集まったのには理由があった

・台湾人は「恩返し」する人々

「台湾では昔から、相互扶助の精神が家庭や学校で教えこまされます。
その経緯はよくわかりませんが、日本時代に徹底されたのではないでしょうか。
小さいうちから親に『困っている人がいたら助けなさい』『物事は分け与えなさい』と教えられます。
いまの小学校でも『三字経』などの古典を使って、仲間を助けなさいと教わります。
また、台湾では観音信仰が盛んで、他人に施した良いことはきっと
今世や来世に自分に還ってくる、とも考えられています。
だから、募金をするときは皆さん聖らかな気持ちでおこなっているはずです。
募金やボランティア活動で、助けられるのは他人、報われるのは自分なのだと思います」

・台湾の募金は税務署とリンクしている。

解説、取材協力してくださった先生:

  台湾理律法律事務所 朱百強(Marros Ju)弁護士

  台湾律盟会計事務所 余景仁会計士

巻末に詳しくご紹介いたします。

・「慈善」への感覚が大きく違う日本と台湾

・厳格に管理されている勧募団体

・税金の使い道だって自分で決められる

もし、誰かが何かに困っていれば、
その問題を取り扱っている慈善団体に駆け込むことができるようにもなっている。
たとえば、難病の子どもに移植手術が必要になった場合、
その方面の慈善事業を行っている勧募団体に願い出れば、積極的に応援してくれる。

社会福祉が行政だけで追いつかないケース、
より細やかな慈善活動をおこないたいケースなどは、日本でもよくあるだろう。
台湾では、企業、団体、さらには個人が慈善団体を設立することが、
問題解決の糸口になっているようだ。

・企業も個人も金持ちも貧困層も、それぞれ制度を利用する

 

結論:

台湾の募金や寄付を管理し、推進させている制度がとても優れています。

格好良く言えば「愛や願いを形に出来る制度」

日本も参考に出来る点が多いと思います。

明治維新の頃のように、多くを外国、今では特にアジアから良い点を学び、

日本の良い点をお金ではなく制度を教えていくことが、もっと必要だと思います。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

読者からのご意見・反応

・素晴らしい!

・日本のマイナンバーもこれくらい上手く活用して欲しい。

・やはり、311地震の時の寄付を思い出します。

台湾では税務所が個人情報をコンピュータでほぼ把握しておりガラス張りなのは吃驚ですね。

・台湾赤十字への世間からの根強い批判や特権剥奪の動き、背景にも触れておかれると良いかと思いました。

 

その他のご意見:「裏では悪いことも横行している(のでは)、、、」という意見も頂きました。

特に中華民国紅十字への指摘が多かったように思いました。

 

中華民国紅十字総会についての疑惑・うわさについて(私見)

いろいろな意見があると思いますが、私見をまとめてみました。意見が違う方は、ご理解ご容赦ください。

IMG_5497

台湾通のとある大先輩からの情報に答えたものを、一部加工、加筆して掲載いたします。

______________________
紅十字のうわさは私も聞いております。
取材した際も、直接はっきり広報担当者聞いてみました。
彼女も「いろいろな制約、一つは台湾の法律、一つは日本赤十字の受け入れの都合
そして双方の合意の問題(これは文書に出来ません)などが
ありスムーズに送金が出来なかった事は事実で、
その関係で多くの方に疑念を生じさせてしまった事は事実です。」
「その点、私たちのアナウンス、説明がたりなかった点は反省しています。」
とそんな内容を言っていました。
紅十字会は他の社団法人、財団法人として特別法が存在していて、
多くの他団体からの嫉妬、やっかみがあると感じました。
特に中華民国紅十字総会の設立は、大陸で国民党と共に渡ってきた組織と言うことで、
もともとの台湾の人達からすると、未だ残る残虐国民党政治の残党のようなイメージもあるようです。
また、当然その法律(中華民国紅十字会法の存在が多方面からもずっと問題視されていたのも事実です。
それが、多くのうわさや誹謗中傷を産んでいたと思います。
特別法の廃止は、不正をしたからではなく、時の流れだと思います。
それを不正が理由と結びつけるのは、少し乱暴だと思います。
もし、不正や横領が行われていたのであれば、逮捕者が出て、紅十字自体が活動停止や解散させられるはずです。
現時点で、この問題で逮捕者も処分もされていません。
また、当時の総会会長の陳長文氏が引責辞任した、と言ううわさも確認出来ませんでした。
私は、この特別法の廃止は、すべての財団、社団の公平性を保つことが目的だと聞いております。
また、うわさでは「中華民国紅十字総会」を「台湾紅十字総会」に変えるための廃案とも聞いています。
よって、記事内ではうわさで裏が取れない事実関係を、掲載、匂わせる文書は控えました。
私も事実は知りません。なお、これを機に再度台湾側にヒアリングを進めています。
また、情報が入りましたら、報告いたします。
ありがとうございました。

_______________________

他にもいろいろな意見を頂きました。ありがとうございます。

取材協力 理律法律事務所
理律法律事務所

朱百強弁護士について
理律法律事務所-弁護士等紹介

今でも皆様の貴重な意見やリクエストをお待ちしております。

 

ご意見などお寄せいただければ、幸いです。

ありがとうございました。

 

合掌

FUJI3 拝

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら