【健康ハック】
鍼・指圧・マッサージ・整体・お灸についての考察

鍼治療が良い4つの理由

結論:故障やコリの治療には、まずは鍼が最適!

 

わたしは子供の頃 野球少年(野球バカ)で、中学生の頃の右肘の故障から、

ずっとカイロプラティック、指圧、マッサージ、鍼灸などありとあらゆる施術を試してきました。

その後も両足首の捻挫、右肩の靭帯断裂、むち打ち症、右膝の脱臼など

怪我も絶えず今までに体のケアに掛けた費用は、1千万円近くになるのではないでしょうか?

本当に親不孝者だったと思います。

壮年になって、ぎっくり腰、五十肩などもあり、今でもいろいろな治療を試しています。

更に、台湾では日本にはない治療、施術があり、それらもいろいろ試しています。

例えば、足裏マッサージ、カッピング療法、血抜き療法、中医骨接ぎ なども試しています。

台湾の民間療法については、今後機会があればレポートします。

ただ、最近 ある程度の結論が自分の中で出ましたので、書きとどめます。
(ただし、このブログの内容は、あくまでも個人の見解です。)

結論:故障や長期的なコリには、絶対に鍼が効く

 

理由1:指圧、マッサージでは、深部には届かない!

(相当な玄人であれば、マッサージでもほぐすことは可能であるが、、)

理由2:2〜3cm深部のコリの素にピンポイントでアクセスできる。

(鍼灸師の技術力に差はある)

理由3:鍼の刺激が、脳と幹部のシナプスをつなぐ

(個人的感覚、感想、表現です)

理由4:鍼の刺激と摩擦がコリ(硬直や脂肪の塊)をほぐす!

(個人的感覚、感想、表現です)

 

提案:

Step1:まずは腕のいい鍼灸師を探す。

Step2:コリも素を一つ一つ鍼によって、解して行く!

Step3:その後、カイロプラティックや整体で体の歪みを矯正する。

(故障やコリが、体を緊張させ、歪みを発生させている場合が多い)

Step4:マッサージなどで、表面の筋肉の緊張をほぐす

Step5:運動する、ストッレチ、インナーマッスル強化、体幹など

 

もちろん、これは個人的な見解です。治療は、皆さんの判断で進めてください。

もし、鍼灸院などわたしのお好みの治療院を知りたい場合は、個人的にご連絡ください。

ありがとうございます。

 

お陰で、3年間悩んでいた、肩の痛みも完治に向かっています!

 

FUJI3

 

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら