高木 友枝(たかぎ ともえ)

台湾大学病院

写真は現在の台湾大学大学病院 旧館正門

高木友江写真1

「台湾医学衛生の父」(1858.8.2-1943 福島県出身)   

高木は、東京帝大医学部を卒業し、各種の国際医学会議に参加する著名な細菌学者であった。

1902年、後藤新平との縁で、台湾総監府医学学校の校長兼台北医院院長に就任する。

当時台湾はペストが流行し、高木も上下水道整備事業とあわせ飲料水や排水改善に力を注ぎ、その撲滅に寄与した。

その後、1919年には、台湾電力株式会社(現在の台湾電力公司)の第一代社長に就任、2期勤める。

1929年に帰国。今でも、高木は、学界人から「台湾医学衛生の父」と呼ばれている。

(出展:「中国ビジネスは台湾人と共に行け」P.149)

 

 

高木友枝博士像

台湾大学大学病院内に展示されている高木友枝博士の像

誤字修正のお知らせ 2015/03/18 台湾のBillyさんからの指摘で誤字を一文字修正いたしました。

Billyさんありがとうございました。謝謝!

我々日本と台湾の偉人 高木友枝先生について、詳しい情報をお持ちの方は、ぜひ情報提供をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

Fuji3

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら