【講演記録】「台湾のコロナ戦に学ぶ リスク管理とリーダーシップ」 -世界から称賛される 台湾の新型コロナウイルス対策に学ぶ-日科技連 2020年10月16日

台湾のコロナ対策についての講演のお知らせ
10月16日金曜日、財団法人日本科学技術連盟でWeb講演を行うことになりました。
素敵なチラシも作っていただきました。

「台湾のコロナ戦に学ぶ リスク管理とリーダーシップ」
-世界から称賛される 台湾の新型コロナウイルス対策に学ぶ-

講演概要:
台湾のコロナ対応はなぜ世界で賞賛されているのでしょうか。台湾は、初動が迅速且つ的確で、水際対策、隔離政策も徹底的に行い、死者は7名、4月から100日以上国内感染者ゼロを達成しました。しかも、2020年上半期を台湾はプラス成長で乗り越え、さらに2021年もプラス成長を見込んでいます。今回、とくに皆様にお伝えしたいことは、台湾のコロナ対応を軸として、有事の際のリーダシップとコミュニケーション、危機管理能力の重要性、蔡英文総統から学ぶトップの覚悟と責任、過去の失敗から何を学ぶのか、そして台湾の今後の経済成長戦略と国際情勢です。また、日本のアフターコロナについてもお話しできればと考えています。

藤重太
藤重太
藤重太
藤重太

Fuji3(富吉 桑)
  • Fuji3(富吉 桑)
  • 株式会社アジア市場開発代表。台湾歴35年。著書に『中国ビジネスは台湾人と共に行け』(小学館 2003年)『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(産経新聞出版2020年)。「台湾から日本をより良くする 原点回帰」がモットー。 
               
    詳しい執筆者のプロフィールはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です