【台湾裏メニュー 素食1 随縁居】

あまり注目されていない台湾V級グルメ!

今日は素食をご紹介します。

 

RIMG0001

台湾は美食・グルメの街としても有名です。

本当にどこに入っても美味しい事間違いなしです。

一点だけ、間違いの無いお店選びのコツは、

「客の入っていないお店には入らない」

これだけです!

 

 

台湾の代表的なレストランといえば!

鼎泰豊(小籠包)

京鼎楼(小籠包)

欣葉(台湾料理)

 などなど数えきれません。

おいおい紹介いたします!

 

 

その中で、あまり注目されていなくて、

台湾でしか食べられないもの(大袈裟 >< )の一つに

素食料理があります!

素食とは、台湾風菜食者用料理 ベジタリアン料理です。

また、お坊様もよく食べに来るVipな(?)料理店です。

台湾の仏教は、大乗仏教が中心なのですが、

仏教徒はしっかりと戒律を守っていて、菜食がたいへんポピュラーです。

在家の仏教徒のかたも、菜食を貫いている方がたくさんいます。

その中で発展してきたのが、台湾の素食です。

 

おもしろいもので、菜食主義は守りたいけど、

肉っぽいもの、魚っぽいものは食べたい発想から完成された台湾素食!

大豆ベースで、味付けが思いっきりお肉、お魚なのです。

下の写真の料理は「糖醋魚片(魚の甘酢炒め)」です。

魚の皮を海苔で表現し、魚は大豆ベースでなんとなく(?)魚の味、パイナップルと甘酢が絶妙です!

RIMG0008

いろいろな食材を研究して、何となくお肉味を表現しているところは、さすがの限りです!

大豆ベースなので、身体にも良いです。

RIMG0006

ドイツでは大豆は「畑のお肉」とも呼ばれています。

 

お店は随縁居

住所:台北市松山區南京東路四段11號2樓 (MRT台北小巨蛋站 1號出口 付近)

電話:(02)2716-0018(日本語は通じません)

営業時間:月曜日から日曜日 11:00~14:00 17:30~21:00

RIMG0021  

南京東路 敦化北路 の交差点近くで 台北アリーナの向かいのビルの2階です。

RIMG0020

 

【訪問時のアドバイス】 最初は定食(套餐)からオーダーしてみたら、いろいろ食べられます。

また、一人や少人数でいっても楽しめます。

RIMG0011

価格も300元前後(1200円前後です)

1200円で、主食、野菜2品、副食1品、ご飯、お汁、フルーツ、甘味、オレンジジュースで私としてはお得感たっぷりです!

RIMG0004RIMG0005RIMG0007

 

店内も素食のお店らしく、落ち着いた感じです。

RIMG0017

店員もたぶん 仏教徒の方だと思いますが、とても穏やかな感じです。

RIMG0015

 

ゆったりお茶も飲めます。店内ではとても時間がゆっくり動いています!

RIMG0010

 

本格グルメの方には、お口に合うか分かりません。

はっきり言ってしまえば、似非料理です。

しかし、この大豆ベースの創作料理、侮れません。

わたしはこのもたれない、胃に優しい、濃厚な大豆料理が時々無性に食べたくなります。

 

ぜひ、台湾のグルメに飽きてきた方は、お試しください。

なお、残念ながらお店は禁煙、禁酒です。

あしからず!南無南無!

FUJI3

 

 

 

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら