【Jの格言】

慎むべき三つのこと 中村天風

 

「人間は感情の動物である」

消極的な感情は、生きていくために必要な活力を著しく減退させる。

RIMG0050 1024

 

消極的感情とは:

怒り、恐れ、悲しみ、心配、煩悶、憎悪、嫉妬、

恨み、憎しみ、復讐心、焦り、貪欲、失望、落胆 などなど

 

それらの中で、

特に基本的な慎むべき三つの感情とは

「怒り」 「恐れ」 「悲しみ」


「怒り」とは、

満足が得られない時、

満足が妨害、中断された時、

外部に向かって責任転嫁する感情

欲求不満が高まると容易に起こる消極的マイナス感情

 

 

「恐れ」とは、

満足が妨害、中断される恐れがある時、

自分にとって不利な状況が予想される時に起こる感情

恐れの感情に支配されると、見るもの聞くものがすべて心配の種になる

 

 

「悲しみ」とは、

何かを失った時、

満足への努力(夢、希望、目標)をあきらめた時、

失敗、挫折を味わった時に起こる感情

悲しみの感情に支配されると、

肉体的・精神的エネルギーが低下し、

無感動、無思考、無気力に陥る。

 

「怒る勿れ」「恐れる勿れ」「悲しむ勿れ」 中村天風

 

 

参考:

仏教においては克服すべき三つの煩悩として、

貪・瞋・癡(とん・じん・ち)をあげている。


貪(とん)とは、貪欲(とんよく)。

「ものおしみ」・「むさぼり」など、必要以上にほしがる気持ち。   

ただし、生きる為の欲求、知りたい、良くなりたいとする欲は、貪欲ではない。

 

瞋(じん)とは瞋恚(しんに)。

怒りの心。「怒り」・「憎しみ」。

 

癡(ち)とは愚痴(ぐち)。

無知である事から起こるとされる。

逆に愚痴を言うものは「無知」とされる。

 

仏教では、すべての悪はこの三つから生まれるとされる。

=============================

 

 

【Jの格言】人間を支える六つの力 中村天風 | Asia-Hacks アジアハック
人間を支える六つの力 体力 胆力 判断力 断行力 精力 能力
 

人間を支える六つの能力の維持強化に日頃から努め、

下記のようにいきれば

「長さ」長く生きる。

「強さ」強く生きる。

「広さ」広く生きる。

「深さ」深く生きる。

 

不幸の原因

病、煩悶、貧乏

から脱却して、幸せな人生が送られる。

中村天風教義より

 

出典:「天風入門」 南方哲也編著 講談社より

天風入門 中村天風の教えで幸福になる!

文責 まとめ 藤

 

 

中村天風

中村 天風(なかむら てんぷう)

(1876年7月30日 – 1968年12月1日)は

日本の思想家、実業家、諜報員。

日本初のヨーガ行者で、

天風会を創始し心身統一法を広めた。

本名は中村三郎(なかむらさぶろう)。

(参照:Wikipedia 中村天風)

 

 

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら