メモなど記録を無駄にしないための考察

熱心な人、向上心のある人ほど:

本を読んだり、講演会や勉強会に参加したりします。

そして、一生懸命にメモしたり、ノートしたりするものです。

また、

人と話をしたり、討論したり、発言したり、そして考えたり

人間は考える生き物です。

 

しかし、考えたことやメモしたことを

「覚えているか?」「活用しているか?」微妙ではないでしょうか?

わたしはこのことで四六時中頭を悩ませています!

 

わたしが最近 実践していることは、

メモ、ノート、本(読書)、討論、そして考えたことを

出来るだけ早くまとめてアウトプットすることです。

 

勉強会に参加しても、その場で良かった、為になったと終わるのではなく、すぐにその学んだ事を自分の言葉にしてアウトプット、発表します。

本を読んだら、そのポイントをまとめて、自分の解釈・言葉でアウトプット、発表します。

 

思った事、気付いたことはすべてアウトプットします。すべて吐き出します。

 

なぜ、アウトプットするか?

1,公開することで、ぼやっとした思いを、明確な他人にわかる文書で表現しようとするメリットがある。

2,アウトプットした文書を、自分が客観的に見直すことができる。上書きだって、書き直しだって自由。

3,場合によっては、第三者からの意見やアドバイスを貰える。

 

メモやノートもこまめに同じフィールドのものはひとつにして、

アウトプットすることで、初めて意味があると思う今日このごろです!

 

 

The following two tabs change content below.
Fuji3(富吉 桑)

Fuji3(富吉 桑)

日本と台湾を月半々のデュアルライフをしているビジネスマン。日系企業の台湾代表や台湾政府系シンクタンクの顧問をしている。台湾歴29年、台湾大学卒業(国際貿易系 ・大学野球部)、台湾輔仁大学で日本語講師4年半で約3000人を教える。その他、中国語講師やアジアビジネスセミナーなども行う。「台湾から中国・アジアそして日本を見極める!」がモットー。 一言:このブログを通して、アジア・台湾と日本の良さを伝えたいと思っています!              詳しい管理人のプロフィールはこちら